HOME > ふれあいコラム > 落語家 柳家三三さん

ふれあいコラム 今、話題の人物をクローズアップ!

落語家 柳家三三さん

落語家

柳家三三 さん

24時間365日いつも柳家三三です。

落語と深い関わりのある港区で開催されている「みなと毎月落語会」は、7月で150回を迎える運びとなりました。これを記念して、「柳家三三独演会」が開催されます。〝超売れっ子″の噺家、三三さんの素顔に迫ります。

落語を始めたきっかけをお教えください。

落語を始めたきっかけは……、落語家になったからですよ! なぜ落語家になったかって? それは、学校行って勉強するのがイヤだったからです。中学を卒業したとき、小三治師匠に入門させてほしいと頼んだんですけど叶わなくて、仕方なく高校へ進学しました。高校を卒業するときに再度頼み込んで入れてもらいました。これが理由の半分です。もう半分は、落語が好きで好きでたまらなくて、聞いてるだけじゃ勿体ないと思ったからなんですよ。

みなと毎月落語会には、師匠である柳家小三治様にご出演いただいております。

師匠はね、怖いですよ、やはり。でも、うんと優しい。落語の技術的なことは、ほとんど教わっていませんが、生きている背中を見させてもらっている。これですね。

25年間、落語を続けてきた中で、苦労されたことやつらかったことなど、エピソードをお教えいただけますでしょうか。

あァ、どんな出来事も噺家ならば当り前なんだろうと思っているから、つらいとか苦労したとかいう気はしません。私には、落語家でいたい、落語をしゃべりたいという気持ちより強い感情はないのでしょう。あとは、ものすごく物忘れが良いから大抵のことを忘れてしまう。だからストレスが残らないのかな。

一番嬉しかったこと、または印象に残っているエピソードをお聞かせください。

好きな噺を演じて、それで生きてる。これを当り前と思わず、世の中でこんなに恵まれた境遇は、なかなかないって。いつも、これだけは忘れないようにしています。

大変お忙しいと思われるのですが、休日などはどのようにしてリフレッシュなどされているのでしょうか。ご趣味などお教えいただけますでしょうか。

休日ね。休日ったって……。仕事のない日は失業しているってコトですからね。ウキウキできません。私はオンとオフみたいな賢い考え方がうまくできないので、24時間365日いつも柳家三三です。しいて言えば、自分の知らない楽しみを人に教えてもらうのが、楽しみですね。

最後に、7月の「みなと毎月落語会」は150回記念公演です。お客様に一言お願いいたします。

私は落語をしゃべっている時が一番楽しいんですが、お客さんのいないところではしゃべっても楽しくないんですよね。楽しい時間は、みんなで過ごせるとより楽しいと思います。これからも「みなと毎月落語会」を……。そうですね、毎月という名がついていますが、隔月ぐらいでいいからかわいがってください。7月にお目にかかれるのを楽しみにしています。

みなと毎月落語会150回記念!柳家三三独演会」のチケットを発売しています。詳しくは「イベント情報」をご覧ください。

プロフィール

落語家 柳家三三(やなぎやさんざ)さん

柳家三三(やなぎやさんざ)さん
1974年神奈川県生まれ。1993年10代目柳家小三治に入門。2006年真打昇進。第9回北とぴあ若手落語競演会大賞(1999年)、平成15年度にっかん飛切落語会若手落語家大賞(2004年)、平成19年度文化庁芸術祭新人賞(2007年)、平成27年度(第66回)文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(2016年)など、若手噺家に贈られる数々の賞を受賞。映画、漫画など、落語を題材にした作品の監修を務め、幅広い分野で活躍中。

倶楽部Kissポート 情報誌 Kissポート 東京ベイ クリーンアップ大作戦! みなと区民まつり 情報
MINATO ART NAVI 港区ポータルサイト みなとコール 港区関連リンク

Kissポートのホームページは機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.

このページのトップへ