サイトマップKissポート財団について港区コミュニティ情報誌「Kissポート」について品質・環境への取り組み
港区コミュニティ情報ネットKissポート ここは港区のポータルサイト。最新の耳より情報がいっぱいです!
Kissポートからのお知らせ 今月のおススメ! イベント情報・チケット情報 サークル情報 施設案内
港区探訪 ふれあいコラム 連載コラム 地域人 Kissポートギャラリー
文字サイズ大きくふつう小さく
HOME > 港区探訪 > 港区探訪:はじめて物語(8) 青山霊園
港区探訪
はじめて物語(8) 青山霊園
バックナンバー
 

港区で発祥した物や事柄をご紹介する「はじめて物語」。今回は「青山霊園」です。青山霊園は、日本で最初に誕生した公営墓地の一つ。著名人のお墓も多く、都心の貴重な緑地でもあるこの場所は、どのような歴史を歩んできたのでしょうか。

公共墓地のはじまり

江戸時代、すべての国民は幕府公認の寺院の檀家になることが定められていて、誰かが亡くなった際の葬儀や埋葬も寺院に委ねられていました。この制度は戸籍制度の役割も果たしていたのですが、神職者や儒教を信仰する人たちにとって、寺院で仏式の葬儀や埋葬を行うことは受け入れ難いものでした。
そこで明治時代に入ると、新政府によって、神葬墓地(神道の墓地)がつくられるようになります。

さらに明治6年、政府が朱引内(都心部)の寺院での埋葬を禁止する布達を出すと、今度は先祖代々からの東京市民(*)が不満の声を上げました。政府は対応策として、寺院や神社に属さない公営墓地の開設に着手します。
こうして明治7年、日本で最初の公営墓地として誕生したのが、雑司ヶ谷、染井、亀戸、谷中の墓地、そして「青山墓地(青山霊園の前身)」です。青山墓地はもともと神葬墓地でしたが、このときに神式・仏式を問わず埋葬できる墓地になりました。場所は当時江戸幕府の幕臣・郡上(ぐじょう)藩青山家の屋敷跡だったおよそ26ヘクタールの広大な土地で、「青山」の地名の由来ともいわれた所でした。

*東京市: 1889年〜1943年に東京府(東京都の前身)にあった市。現在の東京都23区にほぼ相当する。
青山霊園入り口写真
▲青山霊園入り口 昭和16年/港区立港郷土資料館所蔵
「公園墓地」青山霊園へ

明治末期、青山周辺の市街化が進むと、広大な土地を占める青山墓地を、郊外へ移転することが検討されるようになります。
またこの頃から、東京市は「公園墓地」の構想も進めていました。公園墓地とは、慰霊の場所であるだけでなく、公園のように地域の憩いの場として活用できる墓地のことです。手本となったのは欧米の森林墓地や芝生墓地などでした。大正9年に日本で最初の公園墓地である多磨霊園が誕生。さらに昭和10年、青山墓地をはじめとする東京市営墓地の名称が「墓地」から「霊園」に改められ、青山霊園は郊外に移転されることなく公園墓地として整備されていきました。

霊園内の並木道写真
▲霊園内の並木道。アーケード状の木陰が夏の日盛りでも涼しげ。
▲青山霊園は都内有数の桜の名所でもあります。
緑の森で歴史に触れる

現在、青山霊園は都会の中にある緑豊かな憩いの場所として親しまれています。園内にはサクラ、エンジュ、ケヤキなどの樹木や野鳥の姿も見られ、散歩やジョギングにぴったりのロケーションです。

さらに青山霊園は著名人のお墓が多いことでも知られています。たとえば大久保利通、後藤新平、吉田茂などの政治家や、斉藤茂吉、尾崎紅葉などの文化人、そして忠犬ハチ公の碑(飼い主である東京帝大教授上野英三郎の墓所内にある慰霊碑)など、日本の近代史に名を残す人たちのお墓が点在しています。霊園管理所によると、ここ数年で著名人のお墓を見学する人の数は増えているそうです。今は亡き偉人たちのお墓の前に立てば、歴史上の出来事がもっと身近に感じられるかもしれませんね。

青山を訪れる際は、ちょっと足を伸ばして、青山霊園を散策してみてはいかがでしょうか。

霊園は故人が眠る慰霊の場所です。見学・散策の際はマナーと節度を心がけましょう。
「旧新橋停車場」(正面)写真
▲四季を通じて、自然の織りなす美しい風景に出会えます
「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」の展示物写真
▲霊園内の外国人墓地。明治期に日本の近代化に貢献した方々が多く眠ります。
ゼロマイル標識写真
▲青山霊園管理所。霊園内の地図が載ったパンフレットがもらえます。
青山霊園に眠る著名人
パンフレット写真
青山霊園内に墓所のある、著名人の一部をご紹介します。
詳しくは霊園管理所で配布されているパンフレットをご覧ください。
写真は国立国会図書館ホームページ「近代日本人の肖像」より(転載の場合は国立国会図書館の許諾が必要です)
大久保利通
(1830〜1878)
大久保利通写真
政治家。明治維新の指導者。版籍奉還、廃藩置県などを推進して、明治政府の基礎を固める。内務省を創設し、内務卿として政権を掌握した。
乃木希典
(1849〜1912)
乃木希典写真
陸軍軍人。軍事参議官、学習院長。日清・日露戦争で日本軍を指揮した。赤坂に「乃木神社」「旧乃木邸」などの縁の地がある。
志賀直哉
(1830〜1878)
志賀直哉写真
小説家。武者小路実篤、有島武郎らと「白樺」を創刊。「小説の神様」と呼ばれる。著書に『城の崎にて』、『暗夜行路』など。
市川団十郎(九代目)
(1830〜1878)
市川団十郎(九代目)写真
歌舞伎俳優。時代物の第一人者として絶大な人気を博し「劇聖」と呼ばれる。俳優の社会的地位の向上に貢献したことでも知られる。
MAP
青山霊園 MAP

青山霊園
住所:港区南青山2-32-2 TEL:03-3401-3652 (青山霊園管理所)
最寄り駅:都営大江戸線・東京メトロ銀座線・半蔵門線青山一丁目駅、東京メトロ銀座線外苑前駅、千代田線乃木坂駅

協力:青山霊園管理所、 (財)東京都公園協会、 港区立港郷土資料館 参考文献:「写された港区 四」(港区立みなと図書館)、「青山霊園」(田中澯著/東京公園文庫)、「港区史」(港区)

▲このページのトップへ

個人情報保護について [PDF]サイトへのリンクについて

Kissポート財団
(公益財団法人 港区スポーツふれあい文化健康財団)
港区赤坂4-18-13赤坂コミュニティーぷらざ
電話:03-5770-6837/Fax:03-5770-6884
お問い合わせ:fureai-info@kissport.or.jp
Kissポート財団について
ISO9001/ISO14001 プライバシーマーク
このホームページはKissポート財団の公式ホームページです。このホームページのすべての権利は当財団に帰属します。
当財団の許可なく複製、転載は出来ません。