サイトマップKissポート財団について港区コミュニティ情報誌「Kissポート」について品質・環境への取り組み
港区コミュニティ情報ネットKissポート ここは港区のポータルサイト。最新の耳より情報がいっぱいです!
Kissポートからのお知らせ 今月のおススメ! イベント情報・チケット情報 サークル情報 施設案内
港区探訪 ふれあいコラム 連載コラム 地域人 Kissポートギャラリー
文字サイズ大きくふつう小さく
HOME > 港区探訪 > レトロ・ニッポンに会える場所 港区近代建築めぐり 第2回 日本基督教団 高輪教会
港区探訪

レトロ・ニッポンに会える場所 港区近代建築めぐり 第1回 協働会館

レトロ・ニッポンに会える場所 港区近代建築めぐり 第1回 協働会館
バックナンバー

第2回 日本基督教団 高輪教会

第2回 日本基督教団 高輪教会

明治から昭和初期の戦前に建てられた「近代建築」をめぐるシリーズ。
日本の伝統的な工法や意匠、それを支える職人の技術と、西洋の建築様式・意匠・技術が融合していった時代の、魅力あふれる建物たちを訪ねます。

上質なモダニズムを受け継ぐ洗練された美しい教会

日本基督教団 高輪教会写真
【建物DATA】
日本基督教団 高輪教会
献堂:1933年(昭和8年) 
設計:岡見 健彦 構造:木造平屋

高輪のゆるやかな坂を上った高台にある「日本基督教団 高輪教会」は、洗練された佇まいが目を引くモダンな近代建築。
本を伏せたような山形の切妻(きりづま)屋根に掲げられた十字架が目印です。

1882年(明治15年)に設立された高輪教会は、歴史あるプロテスタントの教会。創立当初は現在とは異なる場所にありました。
1907年(明治40年)に現在の場所に移転し、1933年(昭和8年)に今の建物の形となりました。

設計・建築したのは岡見健彦氏。岡見氏は、帝国ホテルや池袋の自由学園を設計したアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライト氏に憧れ、彼の建築工房「タリアセン」で学びました。
帰国後、すぐに手がけたのが高輪教会です。ライト氏から多大な影響を受け、氏の教えを忠実に守って造られた高輪教会はライト風と呼ばれることもあり、日本の近代建築史の中でも評価の高い作品として知られています。
また、岡見家は代々高輪教会と深いつながりがあり、岡見氏自身も教会員でした。

デザインには意味がある! 各所に見られる岡見氏の美学

日本基督教団 高輪教会写真

外から見ると、高輪教会は道路に面して直角に建っていません。それは、礼拝堂がオリエンテーションされているから。
オリエンテーションとは教会の主祭壇(しゅさいだん)がオリエント(東)を向くように教会を建てるという意味で、外国の礼拝堂はほとんどが東を向いています。

中に入ると玄関部分の一部は吹き抜けで、ほどよく光が取り込まれる構造になっています。
ガラスの一部が赤く色付いているのは、“ライトレッド”と呼ばれるライト氏がよく用いた技法です。

礼拝堂に入ると最初に目に入るのが正面の鳥居型の柱。岡見氏がこだわったといわれているこのデザインは、和風建築とライト風建築を融合させた珍しい意匠といえるでしょう。
そして、三角形になった天井、丸いランプ、ドアに付けられた丸い窓。実は、教会全体が船のようなデザインになっているのです。
外の十字架部分をブリッジ(船橋(せんきょう))に見立てると、教会全体がオリエントへ向かうノアの箱舟を模していることに気付くでしょう。

建築以外にも見どころがあります。牧師が礼拝や説教を行う聖餐台(せいさんだい)は、近隣の麹町教会が戦火に焼かれる前にこの教会に運ばれてきたもの。
祭壇の脇にある銀のワイングラスは明治初期の骨董品で、アメリカの長老会から贈られたシリアルナンバー付きの逸品です。
また、礼拝堂の椅子は建設当時のものですが、壊れたりがたついたりすることもなく、現役で使われています。

たまには心を落ち着かせて教会で過ごす聖なる時を体感

日本基督教団 高輪教会100年以上前の書写真
【100年以上前の書】
日本で最初の牧師の一人である奥野昌綱氏は、麹町教会(高輪教会の前身)の牧師でした。
聖書の日本語訳に従事した彼は、有名な「ヨハネの福音書」3章16節を漢語で表記したものを残しており、高輪教会の別館に飾られています。

プロテスタントは、宗教画や像など物に対して祈りを捧げることはありません。
同じように教会という建物も祈りの対象ではないのですが、70年以上前に建てられた高輪教会は、教会員が集まるための場所として、牧師や教会員の手によって今も美しく保たれています。

礼拝は毎週日曜日の10時15分から。教会員でなくても礼拝に参加できます。また、牧師がいるときは日曜以外も入館できます。
今年のクリスマス・イブ(12月24日)は19時から聖夜礼拝(キャンドルサービス)、聖歌隊による賛美が予定されています。翌日25日は礼拝の中で洗礼式が行われます。

昭和初期に建てられた高輪教会の、建築の美しさと味わいのある空間を楽しみに、ぜひ訪れてみませんか。


見どころをチェック

日本基督教団 高輪教会 みどころ写真

写真左:礼拝堂に入ると真正面にあるのが鳥居型の柱。神道で聖なるものとされている鳥居が教会内で形作られています。日本人である岡見氏ならではのアイデアなのかもしれません。
写真中:十字架部分はまさに船のブリッジ!
写真右:モンドリアン柄のように配置された“ライトレッド”。

日本基督教団 高輪教会 みどころ写真

歴史ある純銀のワイングラスと聖餐台も必見。

日本基督教団 高輪教会 みどころ写真

船内のようなデザインがあちらこちらに見られます。丸い窓は数カ所にありますので探してみてください。

◆日本基督教団 高輪教会

日本基督教団 高輪教会地図

東京都港区高輪3-15-15
都営地下鉄高輪台駅より徒歩7分、
JR・京急品川駅より徒歩15分
ちいばす高輪ルート「高輪警察署前」徒歩0分
TEL 03-3441-1004

取材協力: 日本基督教団 高輪教会 長津榮牧師
参考文献:谷川正己著「日本の建築[明治大正昭和]9 ライトの遺産」
▲このページのトップへ

個人情報保護について [PDF]サイトへのリンクについて

Kissポート財団
(公益財団法人 港区スポーツふれあい文化健康財団)
港区赤坂4-18-13赤坂コミュニティーぷらざ
電話:03-5770-6837/Fax:03-5770-6884
お問い合わせ:fureai-info@kissport.or.jp
Kissポート財団について
ISO9001/ISO14001 プライバシーマーク
このホームページはKissポート財団の公式ホームページです。このホームページのすべての権利は当財団に帰属します。
当財団の許可なく複製、転載は出来ません。