HOME > 港区探訪 > 港区のパブリックアート 第11回 東京タワー トップデッキ

港区探訪

港区のパブリックアート

第11回 東京タワー トップデッキ

東京タワー トップデッキ 写真

東京の街並みを360度楽しめるトップデッキツアー(有料・事前予約制)。詳しくは東京タワーホームページをご覧ください。

時代とともに進化する東京のシンボル

東京タワーは2018年に開業60周年を迎えました。ワールドワイドな東京を代表する観光地としてよりふさわしく進化すべく、“おもてなし”をテーマに特別展望台をトップデッキにリニューアル!「トップデッキツアー」をスタートしました。東京の街を体感できるアートスポットとなっています。

東京の“今”を映し出す
高さ250メートルのアート空間

東京タワーの特別展望台は、2018年3月3日、東京タワーの過去・現在・未来を知る新アトラクション「トップデッキツアー」としてグランドオープンしました。

なかでも注目したいのは、国際的に活躍するアーティスト、KAZ SHIRANE(カズ・シラネ)氏によるジオメトリックミラーとLED照明による内装です。コンセプトは、“ゲストと一緒に創る展望台” “東京の未来を映し出す鏡 ”。幾何学模様に組まれた三角形や四角形の鏡に、東京の“今”の風景と訪れた人々が映し出され、街に包み込まれるような不思議な感覚を味わえるインタラクティブな空間となっています。夜はさまざまな色に変化するLED照明と煌めく夜景があいまって幻想的な雰囲気に。世界的な調香師クリストフ・ラウダミエル氏による、時間によって違う香りが楽しめる演出も。日々変化していく“東京の未来”を感じられる空間で、何度訪れても飽きることがありません。東京タワーは地上から眺めてもきれいです。近くから見上げれば規則的に組まれた鉄骨が美しく、電卓のない時代に建てられたと思えないほど精巧です。色は見栄えを考えて決められたと思いきや、航空法で定められた「インターナショナルオレンジ」と「白」のツートンカラー。東京タワーは今もなお現役の、機能美にあふれる電波塔なのです。

東京タワー 夜のトップデッキ 写真

日中とは全く違う雰囲気を見せる夜のトップデッキの様子。紫や赤、緑などのカラフルな光が夜景の光とともに鏡に写り込み、独特な没入感を演出。

また、東京タワーは港区との繋がりも深く、公式キャラクター“ノッポン兄弟”は港区の観光大使です。港区主催の、国際交流の輪を広げる “港区ワールドカーニバル”(3月24日(日)開催予定)の開催地にもなっています。

東京タワー 外観写真

地上から見上げると、60年前に職人の手で組まれた鉄骨の構造が間近に。2013年に国の登録有形文化財に指定された東京タワーの歴史に思いを馳せて。

東京タワー 階段 写真

高さ150メートルのメインデッキまで、エレベーターを利用しないで階段(600段)で登ることもできます。入り口には、かわいらしいイラストの60周年記念フォトスポットも。

東京タワー トップデッキツアー 音声ガイドシステム 写真

トップデッキツアーには13言語対応の音声ガイドシステムを導入。全方向の風景に合わせ、画像と音声でガイドしてくれます。

東京タワー 60周年記念グッズ 写真

60周年記念グッズを多数販売。左は港区初のビール醸造所イナヅマビールとコラボレーションしたクラフトビール。内容量は東京タワーの高さに合わせて333ml!

倶楽部Kissポート 情報誌 Kissポート 東京ベイ クリーンアップ大作戦! みなと区民まつり 情報 東京国際映画祭みなと委員会 Kissポート財団への寄付のお願い
MINATO ART NAVI 港区ポータルサイト みなとコール 港区関連リンク
みんなの輝きつなげていこう。東京2020組織委員会

Kissポートのホームページは機械的に翻訳されます。必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。
翻訳文によっては本来の内容と異なる場合もありますので十分ご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。

This website has been translated using machine translation.
Although reasonable efforts have been made to provide an accurate translation, please be advised that the content may differ from the original Japanese website.

このページのトップへ